この記事へのコメント
セーブポイントがあっても、
回復手段がなければ、
それほどゆとり仕様にはならない。

全滅でゲームオーバーになる作品で、
アイテム等による回復手段が少ない作品の場合、
ダンジョン中のセーブポイントで、
下手に上書き保存すると、
町(回復ポイント)に戻れない・進んでもボス倒せない
という、究極のハマリ状態に陥る恐れさえある。

まあ、回復ポイント併設どころか、
そこから町に戻れ、かつその地点に
すぐ帰ってこれるような仕様のゲームが
増えてますからねぇ。


つか、据え置き型セーブポイント、
16,800円の高値で、
46件のレビュー平均☆4つって、
どんな仕様の品なんだ?
しかも、中古品出品が21件もあるのに、
ほとんど値崩れしてないし。
Posted by tomi at 2011年07月02日 00:52
FF5のラストダンジョン
セーブポイントをボスが守ってて
倒さないとセーブできないって演出がよかった

セーブポイントが便利すぎると
緊張感が失われるよね
下手な使い方すると詰む、ぐらいで
丁度いい?

据え置き型に対する携帯型のものもある
んだと思われ
携帯型の方はもう少し値段も張る
(どこでもセーブできるタイプのRPGに使用される)
なくても生活には困らないが
ないよりはあったほうがいい準・生活必需品のため
値崩れしないのかもしれない…(なんだこれ)
Posted by 洋平 at 2011年07月02日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。